くろもワークス

IT系の技術メモや仮想通貨のことなど

複数の取引所から各仮想通貨の価格を取得できるComposerパッケージ「cyptalt」を公開しました。

今のところ対応している取引所は以下の通りです。
これからも増やしていきたいと思いますが、まずは国内で多く使われてそうな取引所を選びました。

  • bitFlyer
  • Bittrex
  • Coincheck
  • Poloniex
  • Zaif

ソースコードは、GitHubに公開しています。 英語はGoogle翻訳を駆使したもので恥ずかしいので、あまり深読みしないでくださいw
github.com

続きからは、README.mdの内容を日本語で整形した使い方の説明+作ってみた感想です。

続きを読む

WordPressからはてなブログに移行しました

サーバ構築を覚えたいという理由で、Conoha上に構築したWordPressでやっていましたが、 やはりはてなブログの方がいいかもという思いがあって移動しました。
まだアクセス数や記事数も少ないので、そんなに影響はないはずです。

URLは、https://kuromoworks.com/から、http://blog.kuromoworks.com/に変更になっています。 https://kuromoworks.com/は一応残していて、プロフィール?的なページにしてみようかなと考えています。
https化は、はてなさんの仕事に期待しています。↓ staff.hatenablog.com

WordPressからの移動作業自体は以下のサイトを参考に行いました。 www.junpeihazama.com

タグ機能はてなブログにはない影響で、カテゴリとしてインポートされてしまう点を除けば、それほど苦労はしませんでした。

これからもよろしくお願いいたします。

nginxでhttpsのwwwなしURLにリダイレクトさせる設定

例えば「https://kuromoworks.com/」といったURLを、

といったリクエストの場合でも、「https://kuromoworks.com/」にリダイレクトさせる、nginxの設定例です。

nginxの設定例

以下が実際の設定です。 冗長な書き方な気もしますが、これでとりあえず動いています。

server {
    listen 80;
    server_name kuromoworks.com;
    return 301 https://kuromoworks.com$request_uri;
}

server {
    listen 80;
    listen 443;
    server_name www.kuromoworks.com;
    return 301 https://kuromoworks.com$request_uri;
}

server {
    listen 443 ssl default_server;
    server_name kuromoworks.com;
    ...
}

listen 443 ssl default_server;の部分がミソで、 default_serverの記述がない場合だと、 no "ssl_certificate" is defined in server listening on SSL port while SSL handshaking〜 といったエラーが出て動かなかったため、nginxでSSL通信設定をした際のエラーの対処を、 参考に追記したら動きました。

ちなみに、「httpsのwwwありURLにリダイレクト」させたい場合は、 以下のような設定になるかと思います。

server {
    listen 80;
    server_name kuromoworks.com;
    return 301 https://www.kuromoworks.com$request_uri;
}

server {
    listen 80;
    listen 443;
    server_name www.kuromoworks.com;
    return 301 https://www.kuromoworks.com$request_uri;
}

server {
    listen 443 ssl default_server;
    server_name www.kuromoworks.com;
    ...
}

ブログを初めたのとConoHaを選んだ理由

11/21 追記
今は、はてなブログに移動しています。 blog.kuromoworks.com

今日から自身のメモも兼ねて、ブログを始めることにしました。 内容ですが、上のタイトルの下にも書いたとおり、 「IT系の技術メモや仮想通貨のことなど」を、書いていこうかな、と思っています。

技術ブログって宣言してしまうと、不用意なこと(?)が書けなくなるので、敢えて単なるブログとしておきます。 今回私がブログを始めるにあたって、 ConoHaというVPSを選んだ理由を書きたいと思います。

他サービスの検討

技術ブログといえば、はてなブログが定番かと思いますが、 今回は自分でサーバ構築をやってみたい思いがあり、候補からは外れました。(はてなからの流入が減るのは残念ですが……) 同じ理由でレンタルサーバも外れました。

となると、そろそろやんなきゃまずいと思っている、AWSを考えていたのですが、 初心者がAWSでミスって不正利用されて$6,000請求、泣きそうになったお話。のような、 クラウド破産が怖かったので、今後の宿題ということに……

VPSのConohaを選んだ理由

自分でサーバ構築ができて、なおかつクラウド破産の心配がない選択肢として、 料金が定額制であるVPSっていう選択があるのを知り、これを使ってみよう!ってことにしました。

VPSを決めるに当たって、「さくら VPS」「お名前.com VPS」「GMOクラウド VPS」なども検討しましたが、 最終的には以下のような理由で、ConoHaに決めました。

  • 前述の老舗VPSに比べると、一番新しいですが、結構利用事例が多い。
  • 新しいってことは今後も機能拡張とかありそう。 つい最近もスマホアプリがリリースされたりしてました。
  • スケールアップやスケールダウン等のスペック変更が、他に比べて簡単にできそう。
  • このはちゃんがかわいいから(おっさん説あり?)

最後に

このブログはWordPressで書いていて、最近の流れに沿って全ページhttps化にしています。 こうやって記事を公開できるまでにも、はまりポイントがいっぱいあったので、 それはこのブログで共有していきたいと思います。